News

最新ニュース


2019.05.29
その他

2019年 春季リーグ結果報告・選手インタビュー

こんにちは。

4月14日から5月19日まで行われた春季リーグ戦は1次リーグを5勝2敗、上位リーグを2勝4敗で終わり、3位で幕を閉じました!

本当に多くのご声援、ありがとうございました。また、今年の春季リーグは4月21日.22日にホームゲーム戦を行い、スポーツ課の方々、スポーツレジャーマネジメント学科の学生、東海スポーツの仲間、保護者・OGの多くの皆様のご協力のおかげで素晴らしい環境の中で、たくさんの勇気を頂き最後まで戦い抜くことができました。本当にありがとうございました!

今回は、春季リーグ戦の結果報告と共に個人賞を受賞した選手にインタビューを行いました。


〈個人賞〉

【優秀選手賞】

渡部真綾(体育学部4年)

【特別賞】

渡辺直葉(体育学部4年)

【優秀新人賞】

作田神音(体育学部2年)

【得点王】

渡部真綾(体育学部4年)62点



●まずは、作田神音選手です。

Q優秀新人賞に輝いた感想を聞かせて下さい



新人賞を頂き嬉しいです。ですが、課題も多く見つかるリーグだったのでこれからもレベルアップしていけるように頑張ります。

●次に渡部真綾選手です。

Q得点王に輝いた感想を聞かせて下さい


去年の春季リーグに引き続き得点王という賞を頂けて本当に嬉しく思います。

また、この賞を取る事でチームに貢献できたと感じています。

秋きリーグは得点を更に伸ばして行けるよう個人の力をつけて行きたいと思います。



Q春季リーグ戦を振り返って一言お願いします。


今年の春季リーグではホームゲームがあったという事もあり、たくさんの方に励まされ、助けて頂き、本当に感謝しています。

皆さんの応援が私達の力になり、今回の結果に結びついたのだと強く感じます。

秋季リーグでは春リーグでの悔しい思いを晴らせるよう強いチームを作り、期待に応えたいと思うので、応援宜しくお願いします。

●最後は主将の渡辺直葉選手です。

Q春季リーグを振り返って一言お願いします。


春季リーグを振り返って、チーム全体で沢山の経験をして色々な事を感じることが出来たリーグだったと思います。また、ホームゲームでこれだけの方の支えがあって成り立っていることを知りました。納得のいく結果ではなかったけれど、必ずこれからに繋がると思います。



Q秋季リーグに向けて一言お願いします。


秋季リーグに向けてまずはこの夏しっかり鍛えていきたいです。今までにないワクワクしたハンドボールをして、どこにもないチームを作りあげたいです。その中でボールへのリスペクトを大切にしたり、強い気持ちで取り組んでいきたいと思います。

インタビューは以上になります。

ありがとうございました。チーム一丸となり、春季リーグに向けてこの夏しっかりと鍛えあげ、成長してまいります。これからも応援よろしくお願い致します!

【試合予定】

菅記念春季miniminiカップ

6月2日(日)

11:00~ 東海A vs 東女体C

13:10~ 東海B vs 筑波

in 東京女子体育大学